Screen Shot 2016-03-25 at 21.52.47

猫の病気でよく相談を頂くものを解説します。今回は猫伝染性腹膜炎(FIP)です。誤解されやすいところ、わかり辛いところに文字数を割き、愛猫がFIPと初めて診断されたオーナーさんの情報整理のために使って頂けると幸いです。先に申し上げておきますが、このページには最先端の情報や画期的な治療方法は取り扱っていません。以下4つのカテゴリーに分けて説明していきます。

,概要 2,検査 3,治療 4,予後

,概要

FIPの原因は猫コロナウィルスと考えられています。猫コロナウィルスに感染した猫のほとんどは無症状または軽度の腸炎を起こす程度ですが、一部の猫ではFIPに発展します。FIPに発展すると、現在のところ有効な治療方法がなく、ほとんど全ての場合亡くなってしまいます。FIPを発症する要因としてストレスの負荷と、免疫力の低下が考えられています。FIPは若い猫(1~3歳)、純血種の猫で特に多い病気です。

,1用語

FIPを理解するために必要な用語を解説します。

・ドライタイプ:FIPの病型です。各臓器に塊(肉芽腫病変)をつくるのが特徴です。症状は塊ができる場所によって異なり、脳に塊ができると神経症状(ふらつく、ぐるぐる回るなど)が起こり、目に塊ができると眼症状(眼の濁り、眼圧があがるなど)が起こります。

・ウェットタイプ:FIPの病型です。お腹または胸に水が溜まる(腹水または胸水)のが特徴です。溜まった液体の色や成分が特徴的なためドライタイプよりも診断が容易です。

病型の注意:ドライタイプ、ウェットタイプの分類はFIPを説明するためによく使われる用語です。しかし実際にはドライ、ウェットタイプの症状を併発していたり、最初はドライタイプの症状しか出ていなかったのに、追ってウェットタイプの症状が出る混合型もあります。必ずどちらか一方のタイプが発症するわけではないことに注意しましょう。

・猫コロナウィルス:感染した猫のほとんどは無症状または軽度の腸炎を起こす程度の毒性が低いウィルスです。しかし何らかの原因より猫の体内でFIPウィルスに変異するとFIPを発症します。なぜ変異を起こすのかは不明です。猫コロナウィルスは非常に蔓延しているウィルスで、ペットして飼われている猫の25~40%は過去にこのウィルスに感染したことがあるといわれています(特に多頭飼育で高い)。

Screen Shot 2016-03-26 at 21.25.59

猫コロナウィルスは感染した猫の便中に排泄され、乾燥した状態でも約7週間生き残る(失活しない)ため完全に根絶することが難しいです。猫コロナウィルスの感染経路の大半は糞便に含まれるウィルスですが、ごく稀に感染猫の唾液中にもコロナウィルスが排泄されることがあります。

,2症状

ドライ、ウェットに限らずFIPで共通して認められる症状は発熱、沈うつ(元気がない)、食欲不振、体重減少などです。特に1歳未満の子猫は通常、エネルギーに満ちて家の中を走り回り、たくさん食べますので、子猫にも関わらず元気がないというのが特徴的です。

ドライタイプ:塊ができた部位によって症状が異なります。頭部→発作、旋回、起立不能などの神経症状。眼→ぶどう膜炎、眼球の白濁、緑内障など。腸→下痢、嘔吐など。

ウェットタイプ:胸水、腹水に加え心囊水(心臓の膜に水がたまり心臓の動きを邪魔する)。胸水であれば呼吸困難、呼吸数の増加が見られます。腹水では腹部の膨満感(水が入っているたぷたぷ感)、重度になると横隔膜の動きを邪魔し呼吸困難が見られます。心囊水では心拍数の増加、呼吸数の増加が見られます。

,検査

FIPは診断方法が確立されていないため、診断が非常に難しい病気です。猫のプロフィール(獣医学的背景)と検査結果から総合的に判断しなくてはいけません。下図がABCD (Advisory board on cat diseases ヨーロッパの猫疾患の諮問委員会)が発表している診断のチャートになります。診断に至るまでの一例として紹介します。

Screen Shot 2016-03-25 at 21.48.24

このチャートはFIPの診断に使われる資料の1つです。各獣医師によって参考にする資料が異なりますのでご注意ください。リバルタ反応や、α-1酸性糖タンパク質などは行わないことも多いです。

獣医学的背景:一番上のブロックです。猫の年齢、飼育環境などからFIPの条件と一致するか確認します。一致する項目が多い場合はFIPの可能性を考えながら、検査に進みます。

ウェットタイプ:向かって左の紫色のブロックがウェットタイプです。FIPは滲出液(胸水、腹水など)の性状が特徴的なので、滲出液を採取できれば診断が比較的容易になります。特に滲出液中にPCR検査でコロナウィルスが検出された場合はFIPの可能性が極めて高いと言えます。(通常猫コロナウィルスは消化管の局所感染のみで全身感染には至らないため)

ドライタイプ:向かって右側のエンジ色のブロックがドライタイプです。ドライタイプは特徴が13項目あり、全て一致すると赤い「FIPの可能性が高い」に進みます。しかし現実的にこの13項目が全て当てはまることは少なく、このチャートに沿うとその下の特殊検査(生検)に進むことになります。

特殊検査(生検):FIPを疑う猫から手術で病変組織を採取し、免疫学的染色により猫コロナウィルス抗原を調べる検査です。この検査で陽性であればFIPと診断できますが、麻酔をかけて手術をする必要があります。ただでさえ状態の悪い時に麻酔をかけるので、猫の負担や、病変部の場所、金銭的な負担、またFIPの予後の悪さから実際に行われることはあまり多くありません。

ドライタイプのチャートに戻ると「13項目中いくつか所見が一致したが、生検検査を行えない」場合は行き場がなくなってしまいます。実際にはこういったケースが非常に多いため、このチャート通りに診断が進むことはほとんどありません。ここにFIPの診断の難しさがあり、チャートが機能しなくなった場合は獣医師に判断が求められます。

なぜ「FIPの可能性が高い」なのか

チャートを見て頂くと、中心に赤いブロックで「FIPの可能性が高い」と書いてあり、あくまで確定診断ではないことが強調されています。ここまで条件が揃っていても「確定」とはいえません。あくまで確定診断には特殊検査が必要になり、それだけFIPの診断がややこしい病気だということが伺えます。

その他の検査

・猫コロナウィルス抗体:血液中の猫コロナウィルスの抗体を調べます。猫コロナウィルスと変異したFIPウィルスのどちらが感染しているのか区別はできないため、この数値が高いからといって必ずFIPとは言えません。健康な猫でも25~40%は陽性になるので注意が必要です。「猫コロナウィルス抗体が高いため、FIPである」と誤診されるケースが多く、抗体検査の結果の解釈にはとても注意が必要です。

・猫コロナウィルスPCR検査:腹水、胸水、脳脊髄液などから猫コロナウィルスを検出します。以前は抗体検査と同様に猫コロナウィルスと変異したFIPウィルスは区別できませんでしたが、最近できるようになりました(IDEXX)。これによりFIPウィルスが陽性であればより強くFIPと疑うことができるようになりました。

・リバルタ反応:腹水、胸水などの蛋白量を判定する簡易的な検査です。現在では蛋白量を簡単に測定できるようになったので行なわれないことが多いです。

α1酸性糖蛋白:炎症刺激により増加する急性蛋白の1つ。猫ではCRP(C反応性タンパク:犬や人間で使われる炎症マーカー)が鋭敏に反応しないことから、それに代わる炎症マーカーの1つです。FIPは激しい炎症を起こすので、α1酸性糖蛋白が上昇します。

・蛋白分画:血中のどんなタンパク質の種類が高いか調べることができます。FIPは血中タンパク質が高くなるだけでなく、特徴的な増え方をします。蛋白分画によりFIPの特徴と一致するタンパク質の増え方をしているか、確認することができます。今回のチャートには登場していません。

, 治療

残念ながら現在のところFIPを完治させる治療方法は発見されていません。いくつかの治療薬が生活の質を高めるために使用を検討されています。

プレドニゾロン/デキサメタゾン:抗炎症作用、免疫抑制作用により、症状を和らげます。

オザグレル:血管炎の緩和を目的として。

猫インターフェロンω:症状の軽減、延命効果を期待して。

FIPが治った??

インターネットなどで「FIPが完治した」といった話を聞くことがあります。こういったケースではFIPの診断が甘く、組織検査(上記の特殊検査・生検)を行っていないことがほとんどです。つまり、その猫ちゃんはFIPによく似た症状であり、実はFIPではなかったかもしれません。私もFIPが治ってくれることを心から願っていますが、実際に治ったと言われるケースでは、経歴を聞くと本当にFIPだったのか?と疑問に残ることが多いです。

, 予後

FIPは非常に予後が厳しい感染症です。一方で、診断の難しさから誤診されることも多く、慎重に経過を追っていかなければいけない病気でもあります。

予防

FIPの予防はストレスが少ない環境で飼育すること、多頭飼育を避けることです。ストレスの少ない環境に関してはこちらを参考にしてください。猫コロナウィルスに感染しないことはFIPを避ける唯一の方法ですが、猫コロナウィルスは蔓延しており、ブリーダーや猫シェルターから完全に排除することは非常に難しいです。実はワクチンも開発されていますが、効果に疑問があるため日本では認可されていませんし、米国でも使われることは限定的な条件下のみです。

まとめ

今回はFIPの診断に重点をおいて解説しました。上のチャートからFIPの診断がいかに難しいか理解して頂けたでしょうか。特にドライタイプの場合は、確定診断がつくことの方が珍しいぐらいです。治療に関しては様々な方法が試みられていますが、現在のところFIPを根本的に治癒する方法はいまだ発見されていません。FIPは若い猫に多く、予後が悪いとても悲しい病気です。FIPウィルスが最近の研究で解明されつつあるので、治療法が開発されることを期待します。

参考資料

ABCD FIP 感染症防御及び管理に関するガイドライン

“猫伝染性腹膜炎(FIP)のアウトライン” への9件のコメント

  1. はじめまして。1歳1ヶ月のブリティッシュショートヘアを飼っています。生後2ヶ月半でブリーダーさんから譲っていただきました。ワクチン接種の時、動物病院でウイルス抗体の検査も行ったところコロナウイルス抗体が16000でした。1ヶ月後再検査をして同じく16000。高い値のままなので免疫力を高めるためにインターフェロン注射をするべきと勧められ、嫌がる猫をなだめながら、隔日で3回注射を受けました。
    3ヶ月ごとに抗体価を検査してきましたが、その後も16000です。猫はすこぶる元気です。しかし先月、前回のインターフェロンから半年経過したのでまた同じく注射しておきましょう!と言われました。断る勇気もなく、言われるがまま3回注射。抗体価が高いというだけでインターフェロンを打つことに意味があるのでしょうか?今後も同じ病院に通うべきか悩んでいます。

    1. のんブーさん こんにちは、ご質問にお答えします。インターフェロンの注射によってFIPの発症を抑えられるという報告は聞いたことがありません。FIPの発症機序は他の感染症と異なるため、私はインターフェロンに予防効果があるか疑問に感じます。またコロナウィルスの抗体価ですが、どちらの検査機関で測定していますでしょうか、通常400の倍数で検査結果が出ると思います。

  2. ファビピラビル(RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤)であれば、完治確立高そうですよね。日本では手に入らないようなので、組織をつくって沢山の声を政府に届けないと実現できないような感じですね・・・。

  3. はじめまして、
    4ヶ月のFIPドライタイプの子が居ます。
    厳しい病気なのは充分理解してますが、できる限りの治療はしてやりたい。1パーセントの可能性があるんだったら助けてやりたい。そう思います。
    現在の主治医の先生は、対処療法しかないのだから穏やかに過ごさせた方が良い。と言って非常に消極的です。もちろん分かりますが、私はそのように思えないんです。諦めないで向き合って頂ける病院を探してます。
    先生は、1パーセントの可能性にかけるのは、苦しめるだけだと思われますか?
    FIPの治療は無駄だと思いますか?

  4. こんにちは。私も10カ月になるラグドールを飼っています。先日動物病院で
    FIP陽性という診断を受けました。
    現在は腹水が溜まり、ほとんど動かずに食事も高栄養フードを注射器で無理矢理
    食べさせている状態です。獣医からはこれ以上症状が悪化するようならば安楽死も
    考えていきましょうと言われています。でももし、助かる可能性が1%でもあるのならば
    その可能性にかけたいです。
    治療をした方が良いのかそれともこれ以上ストレスを与えなく残された余生を過ごさせてあげたら良いのかとても悩んでいます。

  5. 大変勉強になりました。
    今まで保守的な考えだったのですが、この記事を読んで、攻めの姿勢で生きて行こうと考えを改めました。
    ありがとうございました。

  6. FIPの分かりやすい記事をありがとうございます。
    今、我が家にはFIPドライ型で1年闘病している愛猫がおります。
    この悪魔の病のことを、ねこさんと暮らすみなさまに知って欲しい、そう思います。
    空前の猫ブームなんて世間は言っておりますが、人間同様どうにもならない辛い病もあり、どこまで責任をもって共に闘えるか、今一度考えるキッカケになってくれればと思います。
    辛い病ですが、これからも家族の笑顔が一番の薬と信じて共に闘っていきます。

    これからもいろいろな記事を楽しみにしております。

  7. FIPで愛猫を亡くされた飼主さんのブログを見て、当時その猫ちゃんと同じ年頃のまだ迎えて1年と経たない我が家の息子に重ねて、獣医さんに伺ったことがありました。
    その時、完治の難しい病気とはいえ、ペットショップで販売されているような子たちはよっぽどひどいところでない限り、この病気自体淘汰されてきているから、あまり心配しなくてもよいと聞きました。
    蔓延してるのでしょうか?
    また、現在我が家にはペットショップから迎えた息子ひとりですが、いずれ出会いがあれば、捨て猫や施設から迎えたいとも考えていました。
    ですが、息子が最優先、とすると、FIPの可能性を考えると多頭飼いも、保護も、リスクがあるということでしょうか?

    1. 匿名さん こんにちは、ご質問にお答えします。①蔓延しているか? FIPは多頭飼育、純血猫でリスクが高いことはわかっていますが、根本的になぜ発症するのかはわかっていません。ブリーダーさんなどの飼育環境を改善することで発症率を下げることはできると思いますが、依然として動物病院でFIPと診断される猫は一定数います。猫コロナウィルス自体は本文でも触れたように健康でも抗体値が高い猫が多いので、蔓延していると言えると思います。  ②保護もリスクがあるのか? 新しい猫を迎える時はFIP、猫コロナウィルスに限らず感染症のリスクはあります。特に匿名さんちの先輩猫ちゃんが猫コロナウィルスに感染したことがなければ、猫コロナウィルスをうつされる可能性はあるでしょう。ただ本文でも触れたように猫コロナウィルスに感染しても大半の猫は無症状です。過剰な多頭飼育ではなく、ストレスの少ない環境であればFIPが発症する可能性は低いと言えるでしょう。このような回答でよろしかったでしょうか、不明な点がございましたらご遠慮なくご質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
また、* が付いている欄は必須項目となります。