img_1532-1

先日参加した眼科の勉強会で、疑問が1つ解決しました。猫にまつ毛はないようです。獣医眼科学の教科書には以下のように記述されています。

「猫の下まぶたにはまつ毛はない。上まぶたにもまた見当たらない」

うちの猫にはまつげあった!?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-11-40-47

しかし、よく見ると猫のまぶたの上には少し長い毛がありますよね。この部位は「アクセサリー アイラッシュ」( accessory eyelashes)と呼びます。eyelashesは「まつげ」でaccessoryは解剖用語では「副」とか「付属器」という意味があるので、補助的なまつげということです。機能としてはまつげと一緒で眼にゴミが入らないように、伸びています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-11-55-03

ちなみに猫の眼の上の赤丸の部分、脱毛しているとよく相談されますが、この部位は毛が少し薄いので問題ありません。黒猫など毛色が濃い猫は特に目立ちます。

犬はまつげがある

一方犬は上まぶたには2〜4列のまつげがあります。下にはありません。

2016-09-19-18-40-54
ペキニーズのぺソくん

「まつげ」か「眼の上の毛」か、その違いは生えている場所や向きだけでなく機能にもあります。まつげは猫のヒゲのように普通の毛よりも敏感で、触れるとまばたきをする睫毛反射(しょうもうはんしゃ)が出ます。

眉毛ではなくヒゲ

img_1194

余談ですが、人間以外の動物の多くは顔全体が体毛に覆われているため、眉毛と分類される部位はありません。猫の眼の上についてる数本の毛はヒゲです(詳しくはこちら)。

まとめ

勉強会では眼科専門獣医師による睫毛乱生(しょうもうらんせい)、というまつげが眼に近すぎたり、生える向きが悪く目に入ってしまう犬の病気がテーマでした。猫もこの副まつげ(?)の生え方によっては睫毛乱生のような症状、まばたき、眼の違和感などを呈することがあります。猫にはまつげはないですが、まつげのように眼を守る構造はあることがわかりました。

参考資料

Veterinary Ophthalmology 5th Edition

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。