S__2228272 (1)

毎年冬になると各職場や学校で1人はインフルエンザで寝込んでしまうでしょう。私も一度かかったことがありますが、思い出したくないほどの辛さでした。「猫に人間のインフルエンザはうつりますか?」と何度か聞かれてことがあり、その際には「人間のインフルエンザウィルスは人間にしか感染しませんので大丈夫ですよ」と回答していました。しかし最近の研究では猫にもインフルエンザがうつる可能性が指摘されています。

インフルンザの種類

私たちがインフルエンザと呼んでいるウィルス正確にはヒト季節性インフルエンザです。他には高病原性鳥インフルエンザ、低病原性鳥インフルエンザ、馬インフルエンザ、豚インフルエンザ、犬インフルエンザがあります。

猫インフルエンザはない?

ウィルス学の分類に猫インフルエンザウィルスはありません。インフルエンザに似た呼吸器の症状を起こす猫ヘルペスウィルス感染症や猫カリシウィルス感染症を称して「猫インフル」と呼ぶことはありますが、厳密には誤用です。

ヒト季節性インフルエンザが猫に感染した疑いがある

基本的にヒト季節性インフルエンザはヒトとヒトの間で感染が広がり、動物種を超えることはありません。しかし飼い主がインフルエンザのような症状を発症した数日後に、飼い猫も食欲不振、元気消失、呼吸器症状を示し、さらにその猫からヒト季節性インフルエンザウィルスが分離された報告がいくつかあります。そしてある調査では一定の猫はヒト季節性インフルエンザの抗体を持っていることが明らかになりました。抗体を持っているということは過去に感染した経歴があることを示唆しています。

どのくらい注意するべきか

それではもしあなたがインフルエンザに感染した場合猫と接触しない方が良いのでしょうか。現在のところどのくらい猫に対してうつりやすいかは不明ですが、報告された猫の数も少ないことからかなり珍しいことであると考えられます。また仮に感染しても猫は症状示さない(不顕性感染)であることが多く、重症化するケースはさらに稀です。

万が一の可能性を考えて飼い主がインフルエンザに感染した場合は愛猫と距離をとった方が良いかもしれませんが、現在のところ「徹底してしなければいけない」ほどのことでないでしょう。まずは家族に感染しないように気をつけましょう。

まとめ

・猫に人インフルが感染する可能性は基本的はない

・ただし、稀な症例として報告はある

・人→人への感染力のレベルと比べると格段に弱い

・飼い主さんがインフルにかかった場合、万が一のため猫とは距離を置いた方がいいかもしれないが殆ど問題にならない(感染しない、またはしても症状が出ない)

 

おまけ 高病原性鳥インフルエンザと猫について

2003年にアジアで大きな被害を出し、日本でも2004年に山口県で感染が見つかり大きな問題になりました。本来鳥インフルエンザは哺乳類には感染しないと考えられていましたが、遺伝子変異をし人間や犬、猫、アライグマなどに感染が報告されています。

鳥から猫への感染は高濃度のウィルスに接触(感染により死んだ野鳥を咥えるなど)しない限り感染する可能性は低いです。また猫から猫へ鳥インフルエンザが感染することはさらに可能性が低いので、国内で高病原性鳥インフルエンザが発生した場合でも猫の間で流行する心配はありません。1点注意としては鳥を捕獲する可能性があるので猫の外出は控えましょう。

参考:J-VET 2016 Jan 犬と猫のインフルエンザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
また、* が付いている欄は必須項目となります。